金融機関コード:0149

災害への備え 静岡銀行の業務継続体制の整備状況についてご紹介します。

業務継続体制の整備

銀行業務は、その公共性の高さから、業務の継続性の確保が強く求められています。静岡銀行では、大規模災害や危険性が高い感染症の発生時にも、重要な業務を継続する、あるいは早期に再開できるよう、業務継続計画(BCP)として「非常事態対策要綱」を定め、継続的に見直しを行うことにより、非常事態の発生に備えています。
免震設備の導入等の耐震強化や、自家発電装置の設置、非常用通信機器をはじめとする防災対策資機材の配備に加え、コンピューターシステムのバックアップ体制を整備し、障害発生時においても業務を迅速に再開できる体制を確保しています。
また、業務継続のための訓練やバックアップセンターの運用訓練など、さまざまな実践的な訓練を定期的に実施しています。

Business Continuity Plan
防災訓練

<しずぎん本部タワーの免震設備>

しずぎん本部タワーの免震設備
アイソレーター                                       ダンパー

しずぎん本部タワーの免震設備
直動転がり支承

しずぎん本部タワーに「非常事態対策室」を設置

しずぎん本部タワーには「非常事態対策室」を設置し、複数の通信手段や大型モニターを配備して、大規模災害やシステム障害といった不測の事態が発生した際に地域の皆さまをサポートできる体制を整えています。

津波対策への取り組み

津波の浸水が想定される地域の店舗を建て替える際は、津波で倒壊しない構造を採用するとともに、屋上が想定津波高よりも高くなるよう設計しています。また、店舗の外側から直接屋上へつながる外部階段を設置し、災害時には、来店中のお客さまはもちろん、店舗近隣にお住まいの方、あるいは周辺を通行中の方にも避難場所としてご利用いただくことを可能としています。海岸に比較的近い店舗には、お客さま用と従業員用の救命胴衣を配備しています。

26年10月に新築した下島支店、稲取支店は、それぞれ静岡市、東伊豆町より「津波避難ビル」の指定を受けています
平成28年4月に新築した興津支店は、静岡市より「津波避難ビル」の指定を受けています。

屋上へつながる外部階段
屋上へつながる外部階段

ページトップに戻る

商号等:株式会社静岡銀行

登録金融機関:東海財務局長(登金)第5号

本店所在地:〒420-8760 静岡市葵区呉服町1丁目10番地

加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

COPYRIGHT © 2010 THE SHIZUOKA BANK,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.