金融機関コード:0149

職場環境の整備 静岡銀行では、従業員のワークライフバランスを支援する各種制度の充実などに取組んでいます。

従業員満足への取り組み

ポジティブアクション

ポジティブアクションとは、さまざまな活動の場における男女間格差の解消と女性の活動への参画機会を、企業が積極的かつ自主的に提供する取り組みをいいます。
静岡銀行では、平成28年4月より施行された「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(以下、女性活躍推進法)」に基づき、「2020年度末までに指導的地位(※1)にある女性の比率を20%以上とする」という目標を掲げ、女性活躍推進に向けた行動計画を策定し、積極的な登用を進めています。あわせてキャリア開発やマネジメント能力向上を目的とした研修を実施するなど女性がチャレンジ・活躍できるよう努めています。
また、これまでの女性活躍に関する取り組みが優良な企業として、女性活躍推進法に基づく認定(※2)「えるぼし」および次世代育成支援対策推進法に基づく特例認定「プラチナくるみん」(※3)(いずれも、厚生労働大臣の認定)を取得しています。

静岡銀行の女性活躍状況(女性行員数)

(名、下段カッコ内は男女合計に占める女性比率)

平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
女性行員 861
(30.2%)
860
(30.4%)
850
(30.5%)
830
(30.5%)
915
(31.7%)
管理職 19
(4.4%)
18
(4.1%)
20
(4.6%)
18
(4.2%)
17
(3.9%)
うち支店長 13
(6.6%)
12
(6.0%)
14
(7.0%)
13
(6.5%)
12
(6.0%)
課長級 134
(13.3%)
151
(15.4%)
160
(16.9%)
174
(18.8%)
180
(19.2%)
指導的地位※1
にある女性の比率
10.6% 11.9% 13.0% 14.1% 14.4%
  • ※1課長級以上の役職者
  • ※2評価項目を満たす項目数に応じて3段階あり、静岡銀行では認定基準を全て満たした3段階目を取得しました。認定を受けた企業は認定マーク「えるぼし」を使用できます。
  • ※3「子育てサポート企業」として認定された企業のうち、より高い水準の取り組みを行った企業が一定の要件を満たした場合、特例認定「プラチナくるみん」を受けることができます。

仕事と家庭生活の両立(ワークライフバランスの実現)

従業員のモチベーションにとって重要な要素である職業生活と家庭生活の両立。
静岡銀行では、従業員のワークライフバランスを支援する各種制度の充実に努めています。

心身ともに充実した生活が、個々のモチベーションを高め、効率的で質の高い仕事を生み出すなど、仕事への意欲的な取り組みと幸福を実感できる生活が相乗効果を高める、いわゆる「ワークライフバランス」が高い生産性を実現すると言われています。
こうしたなか、総労働時間の短縮に向け、制度休暇の完全利用など有給休暇の取得促進、2月と8月を中心に全店一斉で推進する早帰り運動「マイタイム・キャンペーン」、政府が主導する「家族の週間」に呼応した11月の定時退行週間などに取り組んでいます。
また、育児に取り組む従業員が安心して働き、キャリアを形成に取り組めるよう、育児休業制度(子が2歳達齢まで)、育児短時間勤務制度( 子が小学校就学始期まで)等、整備するとともに、平成29年度より転居転勤および職務の変更に一定の制限を持たせたコースを設け、働き方の選択肢を拡充するなど、制度面の充実を図っています。
さらに、共働き世帯の増加等を背景として、社会的関心が高まっている男性従業員による育児休業の取得を積極的に推進するとともに、事業所内保育施設「森のほいくえん」を地域の企業と共同運営するなど、ワークライフバランスを支援する取り組みを進めています。

仕事と家庭生活の両立

ページトップに戻る

商号等:株式会社静岡銀行

登録金融機関:東海財務局長(登金)第5号

本店所在地:〒420-8760 静岡市葵区呉服町1丁目10番地

加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

COPYRIGHT © 2010 THE SHIZUOKA BANK,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.