金融機関コード:0149

頭取メッセージ 頭取 柴田 久からの、皆さまへのメッセージをご紹介します。

トップ > 静岡銀行について > 頭取メッセージ

地域とともに新たな価値を創造し続ける『しずぎん』

写真:頭取 柴田 久

頭取 柴田 久

  このたび頭取を拝命いたしました。皆さまのご期待にお応えできますよう精いっぱい努めてまいりますので、よろしくご支援のほどお願い申しあげます。

  平成28年度を振り返りますと、マイナス金利に象徴される未曾有の金融緩和政策のもと、厳しい経営を強いられましたが、第12次中期経営計画の最終年度を多くの成果をもって締めくくることができるよう、グループが一丸となってその推進に努めました。

  主な取り組みは、本誌にお示しした通りですが、米国大統領選を背景とした市場の混乱により外国債券の評価損益が悪化したことを受け、これを実現損として処理しました。これは静岡銀行の伝統である健全性を堅持し、今後の債券運用の自由度と機動性を確保することを目的としたものです。また、経営上のリスク軽減をはかるべく関係会社株式の評価損を計上したこともあり、残念ながら減益を余儀なくされました。
  しかし、第12次中期経営計画の取り組みは着実に成果を見せ、預金、貸出金ともに順調に増加しました。とくに貸出金は病気や怪我の保障など暮らしの安心を提供する住宅ローンが多くの支持を集めるとともに、地域企業の経営課題の解決に貢献するソリューション営業、あるいは技術力や将来性など事業性評価に基づく資金供給など、地域密着型金融の高度化に取り組んだ結果、計画期間の3年間で総貸出金は約7千億円の増加へとつながっています。
  異業種との提携などを通じて、新しい事業領域を創造する取り組みも軌道にのり、「ほけんの窓口グループ株式会社」のノウハウを活用した保険相談窓口「ほけんの窓口@しずぎん」を浜松市と静岡市にオープンさせるとともに、「株式会社マネーフォワード」と共同で家計簿アプリの提供を開始し、多くのお客さまの家計管理にお役立ていただいています。さらに、ブロックチェーン技術を使って開発した「電子クーポンサービス」の実証実験を地元商店街で実施しました。
  また、大都市への人口集中が社会的な問題となるなか、地方が特徴を活かし自律的で持続的な社会を創造する「地方創生」に対して、他の地域でも参考となる「特徴的な取組事例」として山本幸三地方創生担当大臣から表彰されるなど、観光振興や人材支援をはじめとする幅広い取り組みを展開しています。

  さて、本年4月、静岡銀行グループでは、「Innovative Bank 〜地域とともに新たな価値を創造し続ける『しずぎん』」を経営ビジョンとする、第13次中期経営計画「TSUNAGU 〜つなぐ」をスタートさせました。
  この計画は、4つの基本戦略「地域経済の成長にフォーカスしたコアビジネスの強化」「事業領域の開拓・収益化による地方銀行の新たなビジネスモデルの構築」「チャネル・IT基盤を活用したセールス業務の変革」「地域、お客さま、従業員、株主の夢と豊かさの実現を応援する」のもと、第12次中期経営計画で培った成長力をさらに加速させるとともに、これまで静岡銀行グループの成長を支えてきた事業領域でも新しい価値を創り出し、どのような経営環境にあっても地域に寄り添い、地域とともに成長を目指すという、私たちが進むべき方向性を示すものでもあります。
  社会構造の変化が急速に進む昨今、私たちは過去に経験したどの時代よりも激しい変化の直中にあります。しかし、先が見通せない時代だからこそ、自ら未来を創り出していく気概をもち、地方銀行の新しいビジネスモデルを創りあげていくことが何よりも大切であると思います。
  静岡銀行グループは、こうした姿勢のもと、10年後、20年後における地域金融機関としてのあるべき姿を見据えた経営により、皆さまの期待と信頼に応えてまいります。そして、私たちが提供する金融サービスを通じて「地域・お客さま・従業員・株主の皆さま」がつながり、互いの絆を強め、ともに確かな未来を描くことができるなら、それは企業理念「地域とともに夢と豊かさを広げます。」の実現であり、地域金融機関としての存在意義そのものであると考えています。
  皆さまにおかれては、変わらぬご支援をたまわりますようお願い申しあげます。

ページトップに戻る

商号等:株式会社静岡銀行

登録金融機関:東海財務局長(登金)第5号

本店所在地:〒420-8760 静岡市葵区呉服町1丁目10番地

加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

COPYRIGHT © 2010 THE SHIZUOKA BANK,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.