投資信託のリスクってどんな危険があるんだろう?急な値動きがあって怖そう・・・

「リスク」「リターン」の関係

リスクとは収益、損失の振れ幅、変動幅のことです。リスクを大きくした(=リスク許容度が高い)場合、大きな損失を被る可能性も高くなりますが、リターンについても振れ幅が大きくなり、大きな収益が期待できます。

高いリターンが期待できる商品ほど、リスクも高くなります。

高いリターンが期待できる商品ほど、リスクも高くなります。

そもそもなぜ値動きがあるの?価格変動の要因

投資信託の主な価格の変動要因

投資信託の主なリスク

価格変動リスク

価格価格変動リスク

株価の変動によって生じるリスクのことです。株価はその会社の業績や市場・経済の状況、会社の属している業界の動向等の影響を受け変動します。

①投資対象とする会社の株価が上昇した場合、基準価額の上昇要因となります。
②投資対象とする会社の株価が下落した場合、基準価額の下落要因となります。

信用リスク

信用信用リスク

債券や株式を発行する会社の経営・財務状況等の悪化によって生じるリスクのことで、ファンドの基準価額に影響を与えます。
会社の経営が悪化すると、債券の元金や利息の支払いが滞ったり、配当がもらえない、投資元本が戻ってこないなどの信用不安が高まり、株価が下落するため、基準価額の下落要因となります。

金利変動リスク

金利金利変動リスク

市場金利の変動による債券価格の変動によって生じるリスクのことです。

①金利が上昇した場合、債券価格は下落するため、基準価額の下落要因となります。
②金利が下落した場合、債券価格は上昇するため、基準価額の上昇要因となります。

為替変動リスク

為替為替変動リスク

為替相場が変動することによって生じるリスクのことです。為替は国内外の政治・経済情勢など様々な環境に影響を受け変動します。また為替の変動を回避する為替ヘッジを行う場合は、ヘッジコストがかかります。

①ファンドが投資対象とする通貨に対して円高の場合、基準価額の下落要因となります。
②ファンドが投資対象とする通貨に対して円安の場合、基準価額の上昇要因となります。

流動性流動性リスク

投資対象とする銘柄を売買しようとする際に、市場規模や取引量など市場に十分な需給がなく、市場実勢から期待される価格で購入(売却)できないリスクのことです。

指数指数とのカイ離リスク

指数と連動するファンドの場合、指数とファンドの基準価額とのカイ離が発生することです。

カントリーカントリーリスク

投資対象国や地域において、政治・経済情勢の変化や新たな取引規制ができた場合等によって、基準価額が変動するリスクのことです。

※投資信託はファンドの基準価額に影響を及ぼす上記のリスクにより、投資元本を割り込むことがあります。商品ごとにリスクが異なりますので、詳しくは「投資信託説明書(交付目論見書)」ならびに「目論見書補完書面」をご覧ください。

ファンドの主なリスクについて確認しておきましょう。

疑問点・ご不明点の解決はこちらから

携帯電話・スマホはこちらまで054-344-2039

電話受付時間
9:00 ~ 17:00(土・日・祝、12/31 ~ 1/3 除く)

投資信託・しずぎんネット投信などについての
よくあるご質問はこちらから

ご相談・お申込みは店頭窓口でも受け付けております

最寄の静岡銀行本支店窓口で
お気軽にご相談ください。

グループ内の専門会社でも受け付けております

あなたのマネープランを
トータルにサポートします。