投資信託を運用するのにポイントってあるのかしら?

投資による運用成果を安定させる方法

投資による運用成果を安定させるためには、リスクを知って、そのリスクとうまく付き合うことが必要であり、3つの大切なポイントがあります。

Point1

資産分散

分散投資のイメージ

投資について、よく言われることわざに「ひとつのカゴにすべての卵を入れるな」というものがあります。
もし、すべての卵を入れたカゴを落としてしまったら、卵は全部割れてしまいますが、いくつかのカゴに分けて卵を運べば割れる卵は少なくなります。
このように、少数の金融商品に集中的に投資するのではなく、複数の異なる投資対象に分けて投資することによって、リスクを小さく抑えることができます。

Point2

長期投資

長期投資のイメージ

投資信託は、長期保有を前提として運用を行っています。
株式や債券など、市場に流通しているものに価格変動はつきものです。日々の価格変動を見て一喜一憂するのではなく、長い時間をかけて見守っていくことが大切です。

Point3

時間分散

時間分散のイメージ

投資を行う場合、一度にまとめて購入するのではなく、毎月いくらというように一定金額を定期的に購入していくという方法があります。
定期的に購入することで価格が安いときには多くの口数を購入でき、価格が高いときには少ない口数を購入することになり、時間と価格の分散により、平均購入単価を安定させる効果が期待できます。

「資産分散」「長期投資」「時間分散」の3つのポイントを抑えながら運用成果を少しでも安定させることを心掛けましょう!

「投資信託の主なリスク」「費用と税金について」もあわせてご確認ください。

疑問点・ご不明点の解決はこちらから

携帯電話・スマホはこちらまで054-344-2039

電話受付時間
9:00 ~ 17:00(土・日・祝、12/31 ~ 1/3 除く)

投資信託・しずぎんネット投信などについての
よくあるご質問はこちらから

ご相談・お申込みは店頭窓口でも受け付けております

最寄の静岡銀行本支店窓口で
お気軽にご相談ください。

グループ内の専門会社でも受け付けております

あなたのマネープランを
トータルにサポートします。