金融機関コード:0149

静岡銀行グループのCSR・SDGsに対する考え方をご紹介します。

トップ > 静岡銀行について > CSR・SDGsの取組み > サステナビリティ経営の実現に向けて

取り組むべき重点課題

静岡銀行グループでは、第14次中期経営計画の策定にあたり、持続可能な社会の実現および企業価値の維持・向上に向け取り組むべき重点課題(マテリアリティ)を特定し、経営戦略に反映させています。

マテリアリティの特定プロセス
SDGs(持続可能な開発目標)

CSRに対する考え方

CSR(Corporate Social Responsibility)は一般的に「企業の社会的責任」と訳され、企業が事業活動を通じて、経済・社会・環境など幅広い側面に配慮したバランスよい経営に取り組み、“企業を取り巻くすべてのステークホルダー(利害関係者)の満足”と“企業に対する信頼”を向上させることで、企業自体の持続可能性(サスティナビリティ)を高める取り組みを指します。

静岡銀行グループは、基本理念「地域とともに夢と豊かさを広げます。」のもと、地域で生まれ育った金融グループとして、地域との共存共栄を目指すとともに、地域の皆さまが抱く願いやビジョンを実現するためのお手伝いに取り組んでいます。

この基本理念を実践し、具現化していくことを静岡銀行グループのCSRととらえ、将来にわたる地域の発展、成長の実現を目指します。

基本理念 「地域とともに夢と豊かさを広げます。」 地域社会および静岡銀行グループの将来にわたる発展・成長

ページトップに戻る

商号等:株式会社静岡銀行

登録金融機関:東海財務局長(登金)第5号

本店所在地:〒420-8760 静岡市葵区呉服町1丁目10番地

加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

COPYRIGHT © 2010 THE SHIZUOKA BANK,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.