金融機関コード:0149

頭取メッセージ 頭取 柴田 久からの、皆さまへのメッセージをご紹介します。

トップ > 静岡銀行について > 頭取メッセージ


ごあいさつ

写真:柴田久

皆さまには、平素より格別のお引き立てを賜り、厚く御礼を申し上げます。

静岡銀行は、国立銀行をルーツにもち堅実な企業風土を特徴とした「静岡三十五銀行」と、「やらまいか精神」の根付く地で多くの挑戦的な企業とともに歩んだ「遠州銀行」とが合併して1943年に誕生しました。以降、「地域密着」と「健全経営」を旨として、地域とともに時代のもたらす幾多の試練や困難を乗り越え、着実にその歴史を積み重ねてきました。
その過程では、多様化するお客さまの課題やニーズにお応えするべく、提供する機能やサービスの拡充を図り、グループ会社は現在13社を数えます。

グループの基本理念「地域とともに夢と豊かさを広げます。」は、地域で生まれ育った金融グループとして、地域との共存共栄を目指すと共に、経済的な側面からだけでなく文化的な面からも地域の皆さまの心の充実に寄与していく姿勢を表しています。また、「地域の発展なくして地域金融機関の持続的な成長はない」との考え方のもと、いかなる環境にあっても「地域密着」をもっとも優先すべき経営判断の基準として、地域を支え、地域の活性化をあらゆる面でリードするという私たちの決意も込められています。

さて、金融機関を取り巻く環境は、低金利政策の長期化や、人口減少・高齢化の進行を背景とした社会構造の変化、デジタル技術の進展にともなう非対面サービスの普及・異業種の参入など、さまざまな要因により変化を続け、厳しさを増しています。さらには、新型コロナウイルス感染症の蔓延により、社会全体の変化のスピードは一段と加速しています。

こうしたなか、2020年4月からスタートした第14次中期経営計画「COLORs〜多彩〜」では、静岡銀行グループが将来にわたって地域とともに持続的な成長を遂げるため、次の2つのビジョンを掲げ、その実現を目指しています。1つは、長期的な視点で「地域の未来にコミットし、地域の成長をプロデュースする企業グループ」を目指すこと。もう1つは、その長期ビジョンを実現するために、まずは3年間でグループ経営の一層の強化を図り「地域のお客さまの夢の実現に寄り添う、課題解決型企業グループ」に変革することです。

今後も、グループをあげて一層の努力を重ね、第14次中期経営計画を着実に実践することで、現下の難局を乗り越え、地域の皆さまとともに確かな未来を切り拓いてまいりたいと思います。

皆さまにおかれましては、今後とも変わらぬご支援を賜りますようお願い申し上げます。

取締役頭取 柴田 久

ページトップに戻る

商号等:株式会社静岡銀行

登録金融機関:東海財務局長(登金)第5号

本店所在地:〒420-8760 静岡市葵区呉服町1丁目10番地

加入協会:日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会

COPYRIGHT © 2010 THE SHIZUOKA BANK,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.