金融機関コード 0149

金融機関コード 0149

法人のお客さまの情報の静銀ティーエム証券との共同利用について

株式会社静岡銀行(以下「静岡銀行」)と静銀ティーエム証券株式会社(以下「静銀ティーエム証券」)の両社は、各社が保有する金融サービス機能を結びつけ、お客さまに最適な総合金融サービスを適時にご提供するために、法人のお客さまの情報(以下「法人情報」)について、下記のとおり共同利用いたします。
また、共同利用のお取扱に関しては、「オプトアウト方式」(※)を採用いたします。

  • ※「オプトアウト方式」とは、あらかじめ情報の共有についてお知らせしたうえで、情報の共有を望まれないお客さまからの共同利用停止のお申出がない限り、情報の共同利用を行う方式をいいます。(金融商品取引業に関する内閣府令第153条2項および第123条第2項)

共同利用停止受付窓口

法人情報の共同利用の停止をご希望のお客さまは、お取引担当部店または下記記載の問合せデスクまでお電話いただくか、所定の書面にてお申出いただくようお願い申しあげます。

静岡銀行法人情報共同利用問合せデスク

電話番号:0120−407916(代表)

受付時間:月〜金 午前9時00分〜午後5時00分(ただし銀行休業日を除く)

1「オプトアウト方式」による情報の共同利用の対象となるお客さま

「情報共有のお知らせ」書面を郵送またはお渡しさせていただいたお客さまです。
※「情報共有のお知らせ」は、静岡銀行と静銀ティーエム証券の情報共有についての包括的な同意書(以下「包括同意書」)を別途いただいていいないお客さまにお渡ししております。

2共同利用する法人情報の範囲

静岡銀行および静銀ティーエム証券各社がお客さまとの取引において、現在までに知り得た情報、および将来知り得る情報(法人の代表者名および生年月日ならびに金融商品取引業等に関する内閣府令に定める非公開情報および特別情報を含みます)
※お客さまからの書面による情報提供停止のお申し出があった場合には、それ以後は新たな情報の共有をいたしません。

3共同利用する会社の範囲

静岡銀行および静銀ティーエム証券。

4利用目的

多方面から、よりお客さまのお役に立てる商品・サービス内容を検討させていただき、各種ご提案を差し上げるなど商品およびサービスの提供のため。なお、提供先がお客さまに各種金融商品やサービス等のご提案やご提供をする場合は、提供先の勧誘方針に従って、適切に実施いたします。各社の勧誘方針については、以下の各社ホームページをご参照ください。

5情報の授受の方法

提供先に手交するほか、郵送、FAX、電子メール等により授受いたします。なお、授受にあたっては、提供先、提供情報の内容、提供方法、利用目的等の適切性を確認のうえ、情報の重要度や情報を記録する媒体の性質等を勘定し、適切な授受の方法を選択いたします。

6提供先における情報の管理方法

静岡銀行および静銀ティーエム証券は、情報共有の結果、保有することになったお客さまの情報について、法令等および各社の情報管理に係る社内規程に則り、目的外利用禁止や情報漏えい等防止等に万全を期して管理します。

7共同利用の停止について

お客さまから共同利用停止のお申出をいただいた場合には、お客さまの法人情報を共同利用することを、速やかに停止いたします。 共同利用停止のお申出は、お取引いただいております各店の窓口を通じて、所定の書面をご提出いただくか、上記に記載の「静岡銀行法人情報共同利用問合せデスク」にご連絡いただきますようお願い申しあげます。ただし、静岡銀行グループにおける連結決算処理のための共同利用、静岡銀行グループの与信面におけるリスク管理のための共同利用、静岡銀行グループにおいてお客さまとのお取引に係る決済及びこれに関連する業務を行なうための共同利用など、金融商品取引法その他の法令等により同意が不要である共同利用については、停止の対象外となりますのでご了承ください。 なお、上記の共同利用停止のお申出をいただく前に相互に提供した情報については、各社において引き続き保有し、利用することがあります。当該情報については、上記(6)の方法に従い、管理します。

8ご留意事項

既に書面(包括同意書)により静岡銀行および静銀ティーエム証券の情報の授受について同意をいただいているお客さまにつきましては、引き続き、当該書面による同意に基づき、情報の授受を行わせていただきます。

以上

ページTOPへ