地方税納付

各市区町村への地方税納付データを一括して作成することができます。


  ブラウザ受付(*1) ファイル受付(*2)
納付データ
(500件)

(10,000件)

※()内は1取引あたり作成できる件数

*1 ブラウザ受付
Web画面上の納付先登録を利用して伝送を行う方式です。
*2 ファイル受付
市販の会計ソフト等で作成した銀行向け納付データを利用して伝送を行う方式です。

作成権限を持たないユーザは、納付データの作成を行うことはできません。
依頼データを作成したユーザ(「依頼者」といいます)と別に、依頼データの承認権限者(「承認者」といいます)を設定することができます。

承認権限を持つユーザが納付データを作成する場合は、承認者として自分自身を選択し、納付データの作成完了後、ログアウトせずに納付データの承認を行うことができます。

承認済みデータの再利用 <ブラウザ受付>

承認済みのデータを、納付データとして再利用することができます。

1.
[一括伝送]メニューをクリックしてください。
「業務選択」画面が表示されますので、[地方税納付]ボタンをクリックしてください。
[BSSK001]業務選択画面[BSSK001]業務選択画面
2.
「作業内容選択」画面が表示されます。
[過去の納付データからの作成]ボタンをクリックしてください。
[BCZN001]作業内容選択画面[BCZN001]作業内容選択画面
3.
「過去取引選択」画面が表示されます。
対象の取引を選択し、[再利用]ボタンをクリックしてください。
[BCZN015]過去取引選択画面[BCZN015]過去取引選択画面
4.
「内容確認[画面入力]」画面が表示されます。
内容をご確認後、承認者を選択し、[確定]ボタンをクリックしてください。
[BCZN008]内容確認[画面入力]画面[BCZN008]内容確認[画面入力]画面

コメントの入力は省略することができます。

「確定」の段階では、納付データが作成されただけで、納付依頼が完了したわけではありません。
納付依頼を完了するためには、納付データの承認を行う必要があります。
ご注意ください。

確定後の承認待ちデータを修正する場合は、引戻しの処理が必要です。 データの引戻方法については「承認待ちデータの引戻し」をご参照ください。

承認権限のあるユーザで、自身を承認者として設定した場合、[確定して承認へ]ボタンをクリックすると、続けて納付データの承認を行うことができます。

[取引・納付元情報の修正]ボタンをクリックすると、納付元情報を修正することができます。

[明細の修正]ボタンをクリックすると、「納付金額入力」画面が表示されます。納付先一覧の[修正]ボタンをクリックすると明細を修正することができます。
また、[削除]ボタンをクリックすると、納付データから該当の明細を削除することができます。

[一時保存]ボタンをクリックすると、作成しているデータを一時的に保存することができます。

[印刷]ボタンをクリックすると、印刷用PDFファイルが表示されます。

5.
「確定結果[画面入力]」画面が表示されます。
ご確認後、[トップページへ]ボタンをクリックすると、「トップページ」画面へ戻ることができます。

ご依頼の内容は、地方税納付「作業内容選択」画面の[納付データの状況照会]ボタンから確認することができます。

確定依頼されたデータは、最終操作日より70日を過ぎると有効期限切れとなります。

[印刷]ボタンをクリックすると、印刷用PDFファイルが表示されます。