STAFF01

三浦 周

磐田支店/2014年入社

三浦 周 SHU MIURA 磐田支店/2014年入社

融資だけでなく、
ビジネスの課題解決の提案も行う

焼津支店所属時はコーポレートコンサルタント(法人営業)を担当していました。地域柄もあり、取引先は水産・食品業界の企業が中心でした。案件は融資に関連するものが多く、大型機械購入、工場建設など事業拡大に向けた設備投資案件、財務改善や経営改善提案なども行います。取引先の事業承継やM&A、ビジネスマッチングなど、多岐にわたる課題の解決に向けたソリューション提案を担うことも私たちの大切な仕事です。

ビジネスマッチングで
工場の用地取得や建設計画をサポート

過去手がけたプロジェクトでは、取引先の新規工場建設に際し、不動産の紹介から携わった事例があります。もともと業績が好調で、事業拡大のニーズがあったお客さまの希望に合致した不動産を見つけた私は、一緒に事業計画を立て、土地・建物に対する融資を実施。土地購入時は不動産会社、工場建設時には建設会社をビジネスマッチングで紹介し、新規事業に対する行政の補助金申請のお手伝いもしました。このように、地域ネットワークを駆使したトータルソリューションを提供できるのが、静岡銀行の強みだと思います。

経営者の悩みを直接聞けるのが
地方銀行のコーポレート
コンサルタントの面白さ

静岡銀行を志望した理由は、金融を通して地元の発展に貢献したいと考えたからです。金融は経済の源であり、多くの業界の人々と関わる機会を得られる点にも魅力を感じました。入社後、東京都内での勤務を経て、2店舗目として焼津支店に配属になりました。静岡県内の支店では経営者の話をダイレクトに聞き、経営に関われるダイナミックさがあります。売上100億円規模の取引先もあり、スケールの大きな仕事ができています。また、焼津支店の雰囲気は常に明るく、上司・先輩・後輩など、誰にでも相談しやすい雰囲気がありました。

サポートしたお客さまの発展を間近で見られるのが醍醐味

単に融資を実施するだけでなく、お客さまのビジネスパートナーとして、何でも相談される存在になりたいと考えています。この仕事の醍醐味は、静岡銀行がサポートしたお客さまの発展を間近で見られることです。今後も地域金融機関として、お客さまの新たなビジネスやサービスの立ち上げなどにも携われたらうれしいですね。私の目標は金融面でのサポートを通じて、地域の活性化に貢献することです。地元企業の皆さんと夢を共有できる立場にいられることに大きな喜びを感じています。

三浦さん DAILY SCHEDULE

日中は1日4〜5件のお取引先を訪問します。最近は、後輩のサポートや指導にも力を入れています。私も入社後、チューター制度で担当いただいた先輩に本当にお世話になりました。プライベートでは、旅行が趣味で長期休暇を利用して一人旅や海外旅行を楽しんでいます。

※掲載のインタビュー内容・所属等は取材当時のものです。

連携部署

We're Working
Together!

STAFF02

横山 玲

東京営業部 ベンチャービジネスサポート部/2014年入社

東京営業部 ベンチャービジネスサポート部/

2014年入社

横山 玲 RYO YOKOYAMA 東京営業部 ベンチャービジネスサポート部/2014年入社

スタートアップ企業の成長を
金融面からサポートする

ベンチャービジネスサポート部には、大きく分けて3つの業務があります。メインとなるのは「スタートアップ企業への融資」、続いて当行にスタートアップ企業を紹介してくれた「ファンドへの出資」、最後に「融資を実行した企業の成長支援」です。支援する対象は静岡県内の企業のみならず、スタートアップ企業が多く集まる首都圏でも営業活動を行なっています。立ち上げ間もない部署ということもあって、チームのメンバーと積極的に議論を重ねながら仕事を進める毎日。スタートアップは新規参入の難しさが最大のネックですが、当グループが有するネットワークを強みに、支援を拡大していきたいと考えています。

県内の大規模商談会「TECH BEAT」で
企業同士のビジネスマッチングをサポート

現在の部署で関わった案件として、「TECH BEAT Shizuoka」におけるスタートアップ企業側の窓口を担当しました。「TECH BEAT Shizuoka」とは、静岡銀行と静岡県が共催している大規模なビジネスイベント。ITやDXといった新たなテクノロジーを必要としている静岡県内の企業とスタートアップ企業の出会いをサポートし、事業拡大や課題解決を目指す取り組みです。ここでは、当グループが連携しているベンチャーキャピタルファンドから各スタートアップ企業の情報を共有してもらい、県内企業とスタートアップ企業のビジネスマッチングを支援しました。

自分の強みを手に入れるため
VCへの出向を決意

現在の部署では、マネーフォワードベンチャーパートナーズ(株)に出向していた経験が大きく役立っています。当社は、次世代の起業家を支援するためにつくられたベンチャーキャピタルファンドを運営しています。私は、30歳を目前にキャリアを見つめ直したとき、銀行のなかにいるだけでは手に入らない強みを身につけたいと考え、「マイキャリア・デザイン制度」を活用し、自ら出向することを決意。出向先では、1年間にわたってスタートアップ企業に対する投資業務を学びました。投資を行うためには、企業の将来性を見極める必要があります。そのため、過去の実績等から判断を行うことの多い融資業務とは審査のプロセスが異なりましたが、新たな価値観や見方を身につけることができました。

充実した福利厚生が魅力

静岡銀行の魅力のひとつが、充実した福利厚生です。当グループでは、食事のカロリー計算機能などがついた「カロママプラス」という健康管理アプリを行員向けに導入しています。そして、アプリ内で手に入れたポイントを「ベネフィットステーション」という福利厚生サービスで使うことができます。サウナ好きの私としては、ポイントを温浴施設の割引に利用できるのがうれしいところです。また、ポイントは子ども用品などとも引き換えることができるので、子どもを持つ親としては非常に助かっています。

横山さん DAILY SCHEDULE

ベンチャービジネスサポート部は、東京・丸の内にオフィスを置いています。お客さまとの面談は基本的にオンラインで実施しており、週1日程度はリモートで働いています。スタートアップ企業に関する情報を集めるため、経済新聞や経済誌は欠かさずにチェックしています。

※掲載のインタビュー内容・所属等は取材当時のものです。

02 RECRUIT 採用情報