ENTRY & MY PAGE LOGIN

受付中

STAFF01

三浦 周

焼津支店/2014年入社

三浦 周 SHU MIURA 焼津支店/2014年入社

融資だけでなく、
ビジネスの課題解決の提案も行う

焼津支店でコーポレートコンサルタント(法人営業)を担当しています。地域柄もあり、取引先は水産・食品業界の企業が中心です。案件は融資に関連するものが多く、大型機械購入、工場建設など事業拡大に向けた設備投資案件、財務改善や経営改善提案なども行います。最近は、取引先の事業承継やM&A、ビジネスマッチングなど、多岐にわたる課題の解決に向けたソリューション提案を担うことも私たちの大切な仕事です。

ビジネスマッチングで
工場の用地取得や建設計画をサポート

最近手がけたプロジェクトでは、取引先の新規工場建設に際し、不動産の紹介から携わった事例があります。もともと業績が好調で、事業拡大のニーズがあったお客さまの希望に合致した不動産を見つけた私は、一緒に事業計画を立て、土地・建物に対する融資を実施。土地購入時は不動産会社、工場建設時には建設会社をビジネスマッチングで紹介し、新規事業に対する行政の補助金申請のお手伝いもしました。このように、地域ネットワークを駆使したトータルソリューションを提供できるのが、静岡銀行の強みだと思います。

経営者の悩みを直接聞けるのが
地方銀行のコーポレート
コンサルタントの面白さ

静岡銀行を志望した理由は、金融を通して地元の発展に貢献したいと考えたからです。金融は経済の源であり、多くの業界の人々と関わる機会を得られる点にも魅力を感じました。入社後、東京都内での勤務を経て、2店舗目として焼津支店に配属になりました。静岡県内の支店では経営者の話をダイレクトに聞き、経営に関われるダイナミックさがあります。売上100億円規模の取引先もあり、スケールの大きな仕事ができています。また、焼津支店の雰囲気は常に明るく、上司・先輩・後輩など、誰にでも相談しやすい雰囲気があります。

サポートしたお客さまの発展を間近で見られるのが醍醐味

単に融資を実施するだけでなく、お客さまのビジネスパートナーとして、何でも相談される存在になりたいと考えています。この仕事の醍醐味は、静岡銀行がサポートしたお客さまの発展を間近で見られることです。今後も地域金融機関として、お客さまの新たなビジネスやサービスの立ち上げなどにも携われたらうれしいですね。私の目標は金融面でのサポートを通じて、地域の活性化に貢献することです。地元企業の皆さんと夢を共有できる立場にいられることに大きな喜びを感じています。

三浦さん DAILY SCHEDULE

日中は1日4〜5件のお取引先を訪問します。最近は、後輩のサポートや指導にも力を入れています。私も入社後、チューター制度で担当いただいた先輩に本当にお世話になりました。プライベートでは、旅行が趣味で長期休暇を利用して一人旅や海外旅行を楽しんでいます。

連携部署

We're Working
Together!

STAFF02

村松 彩音

静銀経営コンサルティング株式会社(出向)/

2015年入社

村松 彩音 AYANE MURAMATSU 静銀経営コンサルティング株式会社(出向)/
2015年入社

経営コンサルを行うグループ会社で
取引先のM&A案件を担当

私は現在、静岡銀行のグループ会社で、経営コンサルティングを行う静銀経営コンサルティング株式会社にて勤務しています。現在は、M&Aチームに所属し、取引先のM&A案件に携わっています。2020年9月まで、行外派遣制度を利用し株式会社日本M&Aセンターに出向し、主に静岡銀行との協業案件に携わっていました。静岡県内の中堅企業が上場企業の傘下に入るような大型M&Aを間近に見る機会もありました。M&Aというと敵対的買収のようなネガティブなイメージを持つ方も多いかもしれませんが、実は事業存続の重要な選択肢のひとつで、その際に銀行が担う役割は大きいと思っています。

静岡銀行の取引先ネットワークが
M&Aサポートの大きな強みに

現在担当しているM&Aの案件は、売上高1億〜5億円、従業員10〜20名程度の中小企業のお客さまがメインです。ほとんどが、経営者の高齢化による世代交代に課題を抱えているケースですね。そこで、親族や従業員などから後継者が見つけられないお客さまに対してM&Aのメリットを説明し、事業承継のパートナーを探し、交渉をまとめるのが私たちの仕事です。銀行は地域の企業との距離感が近く、様々な情報が入ってくるので、買い手の候補となる企業をスムーズに見つけることができます。日々の営業活動のなかで、M&Aのマッチングができるのは、静岡銀行の大きな強みだと思います。

学生時代から企業に対する
課題解決型の営業に興味があった

大学時代からずっと法人営業に興味がありました。単純に商品を売るのではなく、お客さまの課題やニーズを考えて、それに対してサービスや付加価値を提供できる営業の仕事をしたいと考えました。大学では、ビジネスプランを考えるゼミに所属しており、さまざまな業界の仕事を調べていました。担当教員が金融業界出身で、金融系企業の話をよく聞いていた影響もあり、最終的に銀行への就職を決めました。入社後は、個人向けの営業を経て、法人営業担当となり、現在に至ります。M&Aは、近年注目度が上がっている分野です。後継者問題に加え、コロナ禍の影響もあり、今後ますます増えるであろう取引先のニーズに対して、お応えできるよう知識や経験を積み重ねていきたいですね。

いずれは自分ひとりでM&Aの相談から成約までをやり遂げたい

中小企業のM&Aを支援することは、オーナー経営者の一生に関わる重要な仕事です。M&Aで事業を承継する相手が決まり、成約式で涙を流す経営者の方もいます。こうした人生の大きな転換点に立ち会える仕事に、強い社会的意義を感じています。もちろん、M&A実施後、その企業がどう発展していくかが一番重要です。地域の企業を存続・発展させること、同時に取引先の従業員の雇用を守ることに貢献できればと思います。今の目標は、ひとりでM&Aの相談から成約までをやり遂げることです。お客さまから信頼いただけるように、知識と経験を積んでいきたいと思っています。

村松さん DAILY SCHEDULE

現在の職場は、コミュニケーションが取りやすい雰囲気で、先輩に質問をすると誰でも手を止めて、相談に乗ってくれます。M&Aには、「これが正解」というマニュアルがなく、経験豊富な先輩の知識にいつも助けられています。売り手・買い手双方のお客さまに喜んでもらえるM&Aを成約できるようになりたいです。

02 RECRUIT 採用情報